レビトラは非常に使いやすいED治療薬と言われています。程よい持続時間と勃起促進効果、そして即効性の高さが備わっているからです。

ED治療薬レビトラ

レビトラ

第二のED治療薬レビトラの登場

男性機能については、男であれば誰でもどこかで気にしている部分ですよね。自分の機能がいつ衰えるのか?それとも性欲が沸かなくなっていく方が先なのか?等々、悩み始めたらキリがなくなるかもしれません。レビトラはそんな男性にとっての不安を解消するED治療薬です。レビトラって何?と思う方は、きっとEDについて今まで悩んだことがなくて、調べたこともない方でしょう。

インターネットで調べれば、今ではバイアグラと同様にすぐに出てくるED治療薬の一つだからです。ドイツにある大手製薬メーカー、バイエル薬品により製造販売されています。

有名なED治療薬といえばバイアグラですが、レビトラも販売当時話題となりました。CMのインパクトもありましたし、一体何の薬だろう?と思って検索された方もいらっしゃるはずです。そしてこのレビトラ、実はバイアグラの欠点を補って生まれた製品でもあります。バイアグラも即効性が高い点が特質でしたが、食事を食べるとあからさまに効力が落ちてしまいます。更に効果が続く時間も5時間程度なので、早めに飲んでしまうと効力が切れた後になってしまいかねません。

食事についても気にしなくてオッケー

その為、服用するなら食事はしないという点がネックでもありました。例えばデートするとなれば、食事をしないでベッドインまで進むような状況ってあまり考えられない気がしているのは私だけでしょうか。(風俗等に行くためであれば、別かもしれませんが)。ご飯を食べようと店に行っても何も手を付けないって、やっぱり不自然すぎますよね。

油の多いものや満腹になるまで食べてしまうことはやはり推奨はされませんが、軽度の食事であればその後に服用しても問題がないのです。食事の影響を受けづらいといった点が加わりました。さらに効果の持続時間が5~10時間と確実に伸びています。副作用もバイアグラと比べて出にくくなっています。こうしてこれだけ良い部分が伸び、悪い部分が減らされているという点で考えると、レビトラはとても優秀な薬であると言えます。

レビトラ特有の特徴、即効性の高さ

即効性のあるレビトラ

もちろん空腹状態で服用しても大丈夫です。むしろED治療薬はそちらのほうが推奨されていますので、無理をして食事をする必要も皆無なわけです。そしてなんといってもレビトラには大きな特徴があります。それが即効性です。有効成分のバルデナフィルは水に溶けやすいという性質があります。

この特徴は他のED治療薬にはない点で、この特質が最大の即効性を生み出しているのです。有効成分が体内に巡る為には、まずは血流に成分が溶けなければなりません。水分からできている血液に溶けやすいとなれば、体に効果的な成分がすぐに回るのは想像しやすいでしょう。目安としては20~30分くらいで効果を実感できるはずです。

つまりパートナーとムードが良くなり、この後ベッドインできるかもしれないという状況でも、レビトラであれば20分前に服用することで確実な勃起へと導いてくれます。それだけ即効性がある薬になります。また人によっては服用する前よりも硬さや持続力がアップしたという人もいるぐらいです。

レビトラの副作用

先述したようにバイアグラと比べると副作用のでは少なくなりましたが出ないわけではありません。ED治療薬の特徴でもある血管の拡張作用によって、のぼせるような顔の火照りや鼻づまり、動悸や目の充血などが現れることもあります。とはいえ、その症状が出たら薬の効果が体に現れてきたという目安にもなるので、症状が酷く耐えれないという場合でなければ、よくある症状の範囲と捉えて貰った方が良いかもしれません。

効果が切れたら副作用はおさまりますので大きな心配は必要ありません。しかしそれでも続くようであれば医療機関へ行き相談をする必要も出て来るでしょう。また心臓疾患でよく使われている薬との併用は禁止されています。もしそのようなことがあれば急激な血圧低下を招いてしまいます。そして最悪の場合、死亡するケースもありますので心臓疾患をお持ちの方も、医療機関にて確認をして下さい(恐らくは止められるとは思います)。

それでも気になるレビトラの服用前に食べてはいけないもの。

レビトラは食後の服用に影響を受けにくいというのがバイアグラよりも選択される理由の一つでしょう。だからと言ってなんでも食べて問題ないとは残念ながらいきません。

レビトラの製造元、バイエル社では標準的な食事であれば影響は受けないと説明しています。栄養学などで言われる一食の標準的な平均カロリーは700kcal程度なのですが、標準な食事と言われてもその感覚は人それぞれなので分かりづらいと思います。一応補足として「総エネルギーに占める脂肪分の割合が約30%」という説明が記されています。

これで一つ分かることが食べる量はさほど影響はないと言うことです。腹八分目ぐらいがちょうどいい感じでしょうか。問題なのは脂肪分。エネルギー(標準的な700kcal)に占める脂肪分30%となると、脂質は約24g以下になります。とは言うものの、数字で示しても分かりづらいです。ある程度はこれなら大丈夫かなと言うものはあると思いますがまだ漠然とした感じです。

では、具体的にレビトラ服用前に食べるべきでないものは何でしょう。

脂肪分の高い料理

肉料理

脂肪分の高い料理はレビトラの効果を弱めます。ですので、バイエル社も脂肪分30%以下と言う明記がされているのですね。

脂肪分がエネルギー総量の30%を超える食べ物となるとまず焼き肉はNGになりますね。ステーキやローストビーフと言った肉料理も控えたほうがいいです。揚げ物も油を大量に使用しますので控えるべきでしょう。牛丼はかなりぎりぎりですが、基本的にバラ肉を使用している料理は脂肪分高いので控えるに越したことはないと考えましょう。ラーメンも豚骨や背油など大量に脂質を使用しているものは避けるべきです。

肉料理:焼肉、ステーキ、ハンバーガー、シュラスコ、焼き鳥、ローストビーフ等
揚げ物:天ぷら、串揚げ、唐揚げ、オイル煮(アヒージョ)、フライドポテト、フリット等
その他:ラーメン、豚バラチャーハン、スタミナ丼など

牛乳など乳製品を使用した料理

乳製品は胃や腸に膜を広げるため、吸収を阻害することがありあます。吸収を阻害するということは効き始めが遅れると言うことです。また、乳製品自体の脂質も高めなのでその点にも注意が必要になります。

ポタージュ、シチュー、チーズリゾット、ヨーグルト、プリン、生クリームやチョコを使用したケーキ類、シュークリーム等

おススメは魚介類そして和食。

魚介類は脂質が低いものが多いのでレビトラの服用前にはお勧めです。一部の魚介類にも鮭やまぐろの中トロなど脂質が高いものはあるのですが、脂質の高いものだけを食べると言う料理でなければ影響は少ないでしょう。

和食は基本的に脂質の少ない料理です。むしろ和食で気にするべきは塩分なので、脂質の少ない和食はレビトラにはぴったりです。

魚介類が堪能できる和食、と来るとやはり思い浮かぶ料理はお寿司でしょう。マグロからタコ、鰺、エビ、かっぱ巻きといろんな種類の魚介類のネタが食べられ、最後の締めに赤だしのアオサの味噌汁やアラ汁など堪能すればもはや脂質については気にする必要もないでしょう。

アルコールの摂取は程々に、グレープフルーツは控える。

アルコールを含む酒類はほどほどであれば問題ありませんが大量にアルコールを摂取してしまうとレビトラの効果が薄れてしまいます。また、アルコールも、レビトラと同様に血管拡張作用があるので、お酒に弱い方は急激な血圧低下により貧血を引き起こしてしまい、倒れてしまうなんてことも考えられます。お酒の弱いかたはアルコールは控えるべきです。

グレープフルーツ、柑橘類

グレープフルーツ、柑橘類にはフラノマクリン酸という成分が含まれています。特にグレープフルーツにはこのフラノマクリン酸が多く含まれており、レビトラの副作用を深刻なものにしてしまう可能性があります。

フラノマクリン酸は薬物代謝酵素を阻害してしまうためにレビトラの成分が通常より長く体に残ってしまいます。レビトラの副作用である顔のほてりや視覚異常などを長時間継続させてしまう可能性があります。また、代謝酵素を阻害すると言うことは血中濃度をより高めてしまうことにつながります。

効果が強まるなら問題はないのではと思うかもしれませんが、元々レビトラは効果の高い薬です、副作用もバイアグラほどではないにしても発生することがあります。いつもよりも強い副作用が出てしまう可能性は否定できません。ですのでグレープフルーツをはじめとした柑橘類の摂取は控えましょう。どうしても柑橘類を摂取したい場合は、レビトラを服用する前日までと決めておけば影響は少ないでしょう。

レビトラの購入方法

レビトラの購入方法

レビトラは一般的な薬局では購入出来ません。医療機関で処方される処方薬になります。その為、不安だなと感じていた矢先にそんな状態があった場合に、急に薬局に駆け込んで…ということが出来ません。しかしご安心下さい。現在購入方法は2つあり、一つは先述した医療機関で処方される方法。もう1つの方法はネット通販で購入する方法になります。

ネット通販では海外販売している商品が販売されていますので、レビトラの価格は医療機関で処方してもらうよりも何割か安く購入が出来ます。しかもまとめ買いによるサービスにより、1錠あたりの価格が下がるため1箱で購入するよりもお得になるのです。

レビトラを通販で購入する方法についてもう少し詳しいページがあります。気になる方はレビトラを通販で購入へどうぞ!

ネット通販はもう1つ利点があります。それはレビトラのジェネリックも販売されています。そのジェネリックのラインナップはなかなか豊富なのですが、中でもおすすめはバリフ。価格が安く、しかも効果はお墨付き。まずはその効果を確かめてみてレビトラを購入してみたい、という方にはもってこいだと思います。

バリフについても詳細のページがありますので気になる方は使い勝手の良いバリフの効果からどうぞ!

バリエーションが広がるレビトラ

さらにレビトラを販売するバイエル製薬よりOD錠スタキシンなるものが販売されています。OD錠とは水なしで服用できる錠剤のこと。それによりどんな場所でも服用することができ、さらに成分がより行き渡りやすくなるので即効性も高まります。国内で見かけることはほとんどないですがいずれ購入できる日も来るはずです。その時まで楽しみに待っていましょう。

おすすめページ

バリフの効果

バリフの効果

レビトラのジェネリック、バリフは価格が安く効果の高さから非常にコストパフォーマンスに優れているED治療薬です。

豊富なレビトラジェネリック

豊富なレビトラジェネリック

バリフの他にも人気のあるレビトラのジェネリックとしてジェビトラがあります。高用量タイプがあるため他の商品とは一味違います。

バイエル薬品について

バイエル薬品について

レビトラを製造販売するバイエル薬品は非常に有名な製薬会社です。鎮痛剤として知られるアスピリンの製造販売で一気に名を馳せました。

アジャンタファーマ社

アジャンタファーマ社

アジャンタファーマ社はインドに本社があり、レビトラのジェネリックのバリフを販売しています。ジェネリック製造を主に手がけており、世界的にも名が知られているインドを代表する製薬会社です。

レビトラを通販で購入

PAGE TOP