レビトラのジェネリックは豊富なラインナップがあります。ジェビトラやブリトラなども有名です。

豊富なレビトラジェネリック

レビトラジェネリック

高用量タイプもあるジェビトラ

レビトラは、海外で既にジェネリック医薬品(後発剤)が販売されています。特許については、国が定める法律の方が有効性が高いことが多いため、日本では残念ながらまだ特許期間は切れていないので、国内で製造されている商品はまだありません。ネット通販で「レビトラ」で検索すれば、それと同時にジェネリックを沢山見かけるでしょう。

有名な商品の中の一つがジェビトラです。この製品は、インドのサンライズレメディ社というアフマダーバード(インド)に拠点を置く製薬会社です。主にこうした性の問題を解決するような商品を多く製造しています。企業としては若い方ですが、この商品のように利用者が世界中にいることからも察することが出来るように、信頼できる企業です。

この薬の特徴はコストパフォーマンスにあります。成分はレビトラと同様バルデナフィルを使っているのですが、1錠に含まれる成分量が、国内で定められている最大量の20mgの他、40、60とかなり高い用量なのです。その上ジェネリックということもあり、薬価が通常の半分ほどで済んでしまうので、20mgを購入したとしても、ピルカッターなどで半分に切って使えば更に安く済んでしまいます。

ただし、成分量が多いからといって1錠の薬の大きさは変わりません。ピルカッターで割る場合はあまり成分量が多すぎても基準値以下の分量に割るのが難しくなる場合もあるので、その点は注意が必要と言えます。同じくサンライズレメディ社から販売されているジェビトラゼリーもあります。こちらはゼリー状になっていることから、水が無くても服用できるという非常に楽な商品です。フレーバーもお菓子のように甘いので、服用しやすいという方が多数います。

ブリトラなど多数のジェネリックがあるレビトラ

ブリトラ

これ以外にも、ブリトラというレビトラジェネリックもあります。インドにある製薬会社、センチュリアン社によって販売されています。その他にも様々なレビトラのジェネリックが出されていますので、通販サイトで色々調べてみて下さい。どれも大体2,000円から3,000円で購入できるので、市販の薬局で少し高めの頭痛薬を購入するのと同じぐらいになります。ちなみにレビトラの場合は、1錠で1,800円ほどしますのでコスパの高さは比較にならないでしょう。一度レビトラの効果を実感してみたい方は、ジェネリックの使用を特におすすめします。

レビトラを通販で購入

PAGE TOP