ジェネリックを製造するには特許期間が過ぎなければなりません。しかしインドではその状況が他国とは違うようです。

ジェネリック製造の条件とインドの事情

ジェネリック

ジェネリックという名称の由来

ジェネリックはどういう意味合いがあってそう命名されているのかご存知でしょうか。generic drug(medicine、medication)と英語圏でも使われ、一般的な薬品という意味を表しているように、安全面や効果が確立されている薬としてこうした名前が命名されました。またこうした名前を持って販売される薬は、先に販売されていた新薬と同一成分であり且つ同一量でなければなりません。ただし先に販売されていた新薬の特許が切れていなければ、開発した会社以外の製薬会社がこうした薬を作ることは出来ないという法律があります。

新薬には特許期間が設定される事が常識

通常、新薬を開発した会社はこの薬についての特許を持つことが一般的です。何故なら特許を持っている会社は有効期間中は独占的に製造と販売が行うことができるからです。新薬は開発期間が10年近くも掛かると言われています。その期間中に費やされる研究費は数百億単位という想像以上のお金になります。こうした部分を補償する為にも、特許を取得しなければどんな大企業でも潰れてしまいます。

そして特許期間は開発期間と同じぐらいの年数と言われています。そして特許の中でも物質特許と言われるものが切れると、薬に使っている成分について他社でも使用することが可能になるので、ジェネリックの製造に取り掛かれるのです。こうして別の会社で同じ物質を使った薬品を作るとなると、研究期間は3分の1程度の3年程で作ることが出来ると言われています。その為、売られている価格が先に販売されていた薬よりも安くて済むのです。

但し、物質特許以外の特許が期間中の場合は、製造方法を変えたり、体内に吸収されるために工夫されたコーティング剤などは同じものが使えません。その為、こうした部分が違うことで、同じ成分で同じ量でも体内に入った際に感じる効力に違いを感じる場合があるのです。人によってはジェネリックであまり効果を感じなかったという人もいますが、ちょっとした仕組みの違いで起こり得ています。

その逆のケースもあり、体に合っているという人もいるので、一概にジェネリックががダメだったと言いにくいのが人の体の奥深さでもあり、薬の不思議でもあるのでしょう。

インドではその特許期間について他国とは違います

インドのジェネリック

ジェネリック製造が盛んな国はインドです。そしてレビトラはまだ特許期間が切れていない薬です。すでにバリフや他のレビトラのジェネリックが購入できますが、これらのほとんどはインドの製薬会社によって製造販売されています。どうしてインドではそのようなことが可能なのか?それは特許法にあるのです。先述の通り新薬には特許期間が存在します。実は特許は殆どがその国独自で定められている法律の方が強かったりするのです。そして、インドについては特に独特な感覚を持った法律が定められていることから、特許法がないに等しい状態となっています。

新たな薬を作り出し、しばらくの間独占的にその物質を用いて薬を作り、売る為には、物質特許が必要になることは説明しました。しかし、この国は物質特許の概念が異なります。この物質特許でも医薬品において、この国では2005年まで認めていませんでした。しかし、こうなると他の国が黙っていないことは明白です。

折角多額のお金と多くの年数、多くの人の知恵を用いて作られた物質を、あっさりと他の企業にも真似されるなど、作った側の損にしかなりません。その為、世界基準に合わせる為にも若干の法制度を整備して、物質に関しても法律を作りましたが、既に存在する物質の化学的構造を変更しただけでは特許を認めることが出来ないとされた、結局ないに等しい法律だったのです。こうした点から今現在に至るまで多くの新薬がこの国からジェネリックとして製造され、海外に販売されるに至っています。

実はものすごい需要を誇るインド製ジェネリック

インドのジェネリック

しかしながら、インド製ジェネリックを支持する層が沢山いるのも事実です。私たち一般人もさることながら、後進国と言われる経済状況があまりよくない国では、非常に支持されています。更にその地域に出向いて医療活動を行っている国境なき医師団は言わずもがなです。

難民キャンプで多くの子供たちがハエなどの虫にたかられながら、授乳を受けていたり、ベッドで横たわっているという光景はテレビ等でも見かけたことがあることでしょう。こうした子供やそれを育てる大人についても、まっとうな病院にかかることが難しい人たちが沢山います。そのためこうした価格の安いインド製ジェネリックは、こうした人たちにとって非常に大切なのです。開発された新たな知識を多くの人に役立てたいというのが薬でもありますが、それだけでは立ち行かない現実との狭間を目をつぶっている部分がこうした点に表れているのかもしれません。

レビトラを通販で購入

PAGE TOP